業務案内 衛生害虫・ネズミシロアリ駆除 ・予防床下湿気除湿耐震診断・補強|  






 1995年1月17日、阪神淡路大震災での死者は6,400人以上を数え、負傷者は実に4万人以上に達しました。この地震は早朝に起きたということもあり、亡くなられた方の実に80%以上の方が、木造住宅の一階部分の下敷きによる犠牲者でした。つまり、この地震では住宅が崩壊し、圧死してしまった方たちが非常に多かったのです。

 もしも家屋が耐震補強されていたならば、崩壊する家屋から逃げ出すわずかな時間があったはずです。このわずか数秒で死傷者の数は何割も減っていたと予想されているのです 。

(写真)阪神淡路大震災では新築の家も数多く倒壊。昭和56年以前に建築された家屋は特に注意が必要です。また、シロアリの加食被害や雨漏れによる構造材の腐食なども倒壊の大きな原因となります。




まずは耐震診断で、ご自宅の状態をお確かめください

 当社では、「耐震診断士」を3名擁し、彼らの確かな目によって、建物の形状及び壁の量や配置状況などから地震に対する抵抗力の大きさを計算します。さらに、それに併せて基礎や地盤の状況、建築後の経過年数や老朽化の状態も加味して、総合的にその家屋の耐震強度を判定します。その後「診断結果報告書」を作成し、家屋の補強方法などについて説明を致します。


家族と自分の命を守るために耐震補強は不可欠

 大震災で明らかになったように、現在の日本において耐震補強工事を必要とする住宅の数は非常に多いといわざるを得ません。災害が起こってからでは遅いのです。そこでもしもの際に家族と自分の命を守るためにも耐震補強は必要なのです。
 地震の膨大なエネルギーを全て補強で防ぐことはできません。しかし、倒壊する家屋から避難する時間を数秒得るだけでも耐震補強は必要不可欠な工事ではないでしょうか。
 当社では補強用金具の設計試作から製造、施工までを一貫して行っており、これまで数多くの施工実績を上げています。我が家の耐震補強に不安がある方は、まずは当社にご相談ください 。


(左)梁と柱の補強はきわめて重要。タッピングで補強し固定することで 接合部に高い剛性をもたらします。
(右)梁と柱を連結補強する鉄製すじかい。同じく高い剛性を確保 。




築10年が目安だが、新築でも100%安心とはいえません

 実際に住宅を拝見させていただくと、新しい家でも耐震補強が必要な場合が意外と多いのに驚かされます。手抜き工事も含め、基礎部分から柱が浮いた状態だったり柱の継ぎ足し部分の補強が不適切だったりする住宅が数多く見受けられるのが現状です。
 本来あってはならないこのような状態も実際にお宅を拝見させていただくまでは全く分かりません。当社では耐震強度の無料診断も行っていますので、お気軽にご相談ください 。



高い強度を持った金物も確実な取り付けをしなければ本来の性能を
発揮しません。当社では厳しい社内資格を得たものが相互に確認しながら作業を行っています。