業務案内 衛生害虫・ネズミシロアリ駆除・予防床下湿気除湿 | 耐震診断・補強|  






見えない床下を、放っておくと危険です

 日本の住宅建築は、床下にコンクリートの土台をマス席のように巡らす工法が一般的です。そのため、換気口だけでは十分な風通しが得られません。また断熱材を使ったり、冷暖房の利用により結露が発生しやすく、地面からの湿気の上昇と共に、湿気が床下に溜まりやすい状態になっています。
  床下は地面からの湿気にさらされ、その上日光はほとんど射さず、土台材や床材にとっては好ましい環境ではありません。悪条件が重なると腐朽がおこり、家屋の損壊をひきおこします。このような状態を放っておくのは非常に危険です。
 

湿気がひどく腐敗寸前の床下状態


木造住宅の寿命を伸ばす床下湿気対策

 木造住宅の耐久性が劣化する原因は、「構造材(木材)の劣化」です。もともと木材の寿命は大変長く、本来であれば1200年近い寿命があるとされています。ですが、これには適当な温度と湿度をキープし続け、シロアリや腐朽菌に対する処置をしっかりしていたときに限ります。逆にいえば、湿気が高い状態では、いずれ土台が腐ってしまうことを避けられないのです。
 まず、ご自宅の床下を一度ご覧になってください。ジメジメしていたり、カビ臭かったら要注意です。その状態は、風通しが悪く、湿度が高い証拠だからです。そのままにしておくと、床下木部が腐ったり、ダニやシロアリの生息の原因にもなります。
 そこで、床下の湿気対策が必要になるのです。具体的な対策手段としては、床下の風通しを改善する床下強制換気ファンや床下四隅へ風を当てる送風ファンなどがあります。いずれの対策を行うにしても、これらの実施には綿密な分析が必要です。床下湿気対策の専門家が揃っている当社にぜひお任せください。

 

床下換気システムの定番「風太郎」

床下攪拌送風機「センターエース・プロ」

腐朽菌に犯された床下(築6年)

床下換気システムが設置された床下(築6年)